ソラカムプロジェクト

スノボ専用自動追尾ドローン


ソラカムプロジェクト

こんにちは。空撮人(そらとりびと)の管理人です。

今日は、スノーボーダー空撮専用の自動追尾型ドローン『SoraCam』についてご紹介したいと思います。

世界的に有名な自動追尾機能を搭載したドローンといえば『HEXO+』などが挙げられますが、日本でもこの自動追尾機能を搭載したドローンを開発しているチームがあり話題となっています。

この『SoraCam』の開発をおこなっているソラカムプロジェクトは、スノーボーダー自動追尾空撮ヘリ『SoraCam』を開発する­プロジェクトで、日本の愛知県のメーカに勤めるエンジニア数名が趣味として開発を始めたそうです。

こちらが今年の3月に池の平温泉スキー場のパークで実際に撮影された映像です。

ソフトウェアはArduCopterをベースに独自に改造をしており、機体はDJI330、フライトコントローラは3DR APM2.6、追尾対象のビーコンは自作しているとの事。

フライトコントローラ用ソフトウ­ェアはArduCopter3.0をベースに自動でアーム→離陸→追尾→着陸→ディス­アームができるようです。

こちらの『SoraCam』ですが、来週(11月23日・24日)、東京ビッグサイトにて開催されるテクノロジーのクリエイターによる祭典「Maker Faire Tokyo 2014(メイカーフェア東京2014)」に出展されるとの事なので、関東近郊の方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。