オクトコプターs1000

空撮業務用オクトコプター


こんにちは。空撮人(そらとりびと)管理人です。

今年最大といわれている台風19号ですが、関東地方は今日の夜から明日の午前中にかけて暴風域に入りそうですね。

今日は空撮業務用オクトコプターについて書きたいと思います。

これまで空撮人(そらとりびと)では、どちらかと言うと個人向けにフォーカスした比較的安価なドローンを中心に紹介してきましたが、今回紹介するのは一眼レフカメラも搭載できる、本格派向けのオクトコプターになります。

それがこちら。

Phantomシリーズでもお馴染み、DJIから発売の大型マルチコプター『S1000』になります。

このマルチコプターS1000は、本体から伸びた8本の折りたたみ式アームの先にローターを8つ搭載しており、プロペラがこれまでで最大の搭載重量を誇りながら15分程度の飛行が可能になっています。

本体の重さが約4キロ、ペイロード(最大積載量)が約10キロ、Canon 5Dクラスの撮影設備を搭載することができるというまさに本格志向のオクトコプターです。

価格は、2014年10月現在、DJI S1000のプレミアム版で399,900円(税込431,892円)にて販売されているようです。

安定感を求める方には大変オススメの一台ですね。