空撮画像の自動処理サービス

空撮画像の自動処理サービス

Hexagon Geospatial

現在、世界規模で多岐にわたるソフトウェアの開発を行なっている、日本インターグラフ株式会社Hexagon Geospatial様より掲載のご依頼をいただきましたのでご紹介をさせていただきたいと思います!

今般日本インターグラフ株式会社Hexagon Geospatialが、リモートセンシング画像解析ソフトウェアであるERDAS IMAGINEのアドオン・モジュールとなるIMAGINE UAV Workflowをリリースしました。


【IMAGINE UAV Workflowとは?】

IMAGINE UAV Workflowとは、UAV(無人航空機)で撮影した画像からオルソモザイク、点群データ、DSMなどの処理を自動的に行うことができるソフトウェアです。
このソフトウェアとIMAGINE ProfessionalのSpatial Modelerと併用すれば、様々な解析を組み合わせて自動処理ができるようです。

【主な活用事例】

画像処理、3Dモデルの生成・計測など

【デスクトップソフトウェア版のメニュー画面】

IMAGINE UAV Workflowデスクトップソフトウェア版のメニュー画面

各機能とアイコン
各機能とアイコン
各機能アイコンを自由に組み合わせてドローン撮影画像処理(オルソモザイク処理、点群データ生成)に独自の処理を加えて自動実行可能

自動解析結果
自動解析結果
容積(盛土・切土)計算 – 視覚的および表での結果確認

AIBOTIXというドローンで撮影した画像の概要
AIBOTIXというドローンで撮影した画像の概要

結果(3Dモデル)
3Dモデル
IMAGINE UAV Workflowを使ってドローン撮影画像から生成した3Dモデル

デスクトップソフトウェア版のドローン画像処理【動画】

MikroKoperというドローンで撮影し、3Dモデルを生成するまでの事例動画。オルソモザイク・3Dモデル生成以外にも、飛行計画の立案、フライト撮影、飛行経路の確認、画像処理、3Dモデルの生成・計測までの各プロセスがわかる動画となっています!


【クラウドベース版】

また、これらの解析や処理はソフトウエアの販売だけでなく、クラウド・ベースのサービスとしても利用が可能で、特設サイトにドローンで撮影した画像をアップロードし、パラメータを設定するだけで自動的にオルソモザイク画像(画像の歪みを補正し、撮影した全画像を張り合わせて一枚にまとめた画像)と点群データ(高さデータ)を生成してくれます。

クラウドベースのドローン画像処理サービス(操作編)

画像のアップロードが完了すると、ユーザー宛にメールで結果画像のURLが送られてくるので、ユーザーはそのURLからダウンロードしデータを入手するという仕組みのようです。

クラウドベースのドローン画像処理サービス(概要編)

ドローン画像処理をクラウドサービスにて提供する意義が語られています。新しい分野であるドローンにより市場は変化しています。その変化に対応すべく新しいクラウドサービスを利用することでインストール等の手間もいらずハードウェア、ソフトウェアへの投資を節約でき、ユーザーは速やかにドローン撮影画像の処理結果を入手することができます。


以上、空撮画像の自動処理サービスIMAGINE UAV Workflowのご紹介をさせていただきましたが、今なら、

●無償で評価用ライセンス(15日間)の使用
●キャンペーン価格での購入
●担当者によるデモおよび説明

が、可能との事ですのでご興味のある方は、是非お問合せをしてみてはいかがでしょうか!?

(※本製品は日本インターグラフ株式会社のドイツ代理店であるGeosystems GmbHによって開発された製品です。)
(※クラウドサービスについては現在、早期アクセスプログラムを用意していますが、正式には11月20日までのリリースを予定)