CyPhy LVL 1 Drone

あの、ルンバ開発者が


CyPhy LVL 1 Drone

マルチコプターメーカーであるCyPhyWorks社が、新商品『CyPhy LVL 1 Drone』キックスターターで発表しました。

同社は、これまでにも『PARC』や『POCKETFLYER』などのヘキサコプターを発表してきましたが、DJIの対抗馬といわれるその人気ぶりは健在のようです。

支援目標金額25万ドルのこのプロジェクトですが、残り一ヶ月以上の猶予があるにもかかわらず、すでに24万ドルを突破しています。

現在市販されているドローンでよく目にするのは、クワッド(クアド、クアッド)コプターと呼ばれる4つのローターを搭載したマルチコプターですが、

この『CyPhy LVL 1 Drone』は、6枚のローターを搭載しているヘキサコプターです。

人気の理由としては、『低価格(395ドル)で空撮ができる事』などありますが、最も注目されている点といえば、独自のジオフェンス機能(飛行区間を設定できる)ではないでしょうか。

というのも、この『CyPhy LVL 1 Drone』を開発したCyPhyWorks社は、日本でも爆発的人気を誇るあのロボット掃除機『Roomba(ルンバ)』の開発者が立ち上げたメーカーなのです。今後の動きに注目ですね。