Project Wing

FAAが新規制案公表


Project Wing

まだまだルール作りが追いついていない印象のあるドローンの商用利用ですが、特にドローン先進国であるアメリカの規制案の動向については世界が注目しているのではないでしょうか。

昨日、米連邦航空局(Federal Aviation Administration)が現地時間の15日、ドローン(無人航空機)の商用利用に関する規制の枠組み案を公表しました。

これまでに発表されたFAAの規制では、映画撮影といった一部の用途に限りドローンの商用利用を認めていましたが、今回発表されたルール案では主に下記のような案がだされています。


●ドローンの重量は55ポンド(約25キログラム)まで
●ドローンの飛行時間帯を日中に限定
●パイロットの視界に入る範囲内での運用
●飛行高度を最大で500フィート(約152m)まで
●飛行速度は時速100マイル(約160km)以下
●空港近隣での飛行を禁止
●ペーパーテストの合格者のみ運航資格が得られる(有効期限2年間~更新)
●4.4ポンド(約2kg)以下の超小型ドローンは、人に衝突しても怪我をさせる事のないソフトな素材を使用したもののみ
●超小型ドローンのみ、ペーパーテストなしでも利用可


さらに、FAAでは今回発表したルール案について、60日間のパブリックコメント募集期間を設けており、寄せられた意見などをもとに、最終的なルール作り進めていくようです。

その他の詳細についてはコチラのページからご確認いただけます。米連邦航空局プレスリリース

ドローンの商用利用については、操縦者はパイロット免許が必要!?等の噂がありましたが、今回の規制案をみる限りでは、想像していたよりもドローン活用に前向きなんだなという印象を受けました。

それでも、アマゾン(Amazon)の無人飛行機配送プロジェクト「Prime Air」は、まだまだ難しそうですね。


セコム飛行船

セコム飛行船


セコム飛行船

以前、空撮人でも『ALSOKがマルチコプター導入』『インド警察がドローン導入』という記事にて触れさせていただきましたが、警察・警備会社のドローン開発~導入が、世界規模で徐々に注目を集めつつあります。

実は、この防犯を目的とした不審者を追跡するドローンの開発ですが、民間レベルでの開発は日本が世界ではじめての試みだったようで、2012年の時点で、大手警備会社のSECOM(セコム)がすでに試作機を発表していたようです。

『その時の記者発表会の様子』

そして、そのセコムが、2014年の12月24日に、日本初の民間防犯用飛行船となる、『セコム飛行船』の試作機を発表しました。

『セコム飛行船の記者発表会の様子』

動画内の説明によると、この日本初の自律型の飛行船「セコム飛行船」は、これまでセコムが得意としてきた画像認識技術、センシング技術、飛行ロボット技術などを応用して開発した飛行船で、特に広域エリアの防犯対策用として大きな効果を発揮できるとの事。

更に、この「セコム飛行船」には複数台の高精細カメラ、熱画像カメラ、指向性スピーカー、集音マイク、サーチライトなどを搭載しており、連携する小型飛行監視ロボット、地上に設置された防犯センサーとの連携で、今までにない高次元のセキュリティを実現できるとの事。

恐らく、

①飛行船に搭載されたフライトビューワーが監視エリア内の異常を察知
②上空の飛行船から、地上の警備員、ドローン(小型飛行監視ロボット)へ状況伝達
③ドローン(小型飛行監視ロボット)、警備員による犯人の追跡

という流れではないでしょうか。

日本では2020年に東京オリンピックが開催されますが、実用化が実現すればそういった大規模なイベントでも有効ですし、地震大国といわれる日本では、災害時等の状況把握、人命救助に特に力を発揮してくれそうですね。

とは言うものの、一番の理想は災害や犯罪が起きない事(飛行船の出番がない)ですね。


オランダのアムステルダムで開催されるair2015

ドローンショー『AIR2015』


オランダのアムステルダムで開催されるair2015

日本国内でも、2014年~2015年にかけて、パフォーマンスの一環として、テレビ、イベント、プロモーションビデオ、建設現場等、様々な場所でドローンを見かける機会が多くなりました。

今年の5月には、日本では初となる大規模な『ドローンの展示会』も開催される事から、その注目度は日に日に高まっているように感じられます。

海外においては、ドローンが主役として登場するイベントが注目されるつつあるようです。

今年の秋にオランダで開催される『AIR2015』は、まさにドローンが主役のエンターテイメントショーで、マルチコプターがレースやパフォーマンスを披露する大規模なイベント。

公式サイト『AIR2015』によると近々チケットの販売を開始するとの事。詳細は公式サイト内から通知希望を送る事で受け取れるようです。

ちなみにオランダまでの旅費を調べてみると・・・ツアー内容や滞在日数(6日~8日)にもよりますが、

オランダツアー情報一覧

だいたい12万~20万前後のようですね。。。高いような安いような。。。とにかく行ってみたいですね。。。


タオバオ、ドローンを使った宅配キャンペーン

タオバオ、ドローン広告


タオバオ、ドローンを使った宅配キャンペーン

大手インターネットショッピングサイト、アマゾンのドローンを使った商品宅配サービス『Prime Air』については、これまでにも何度かご紹介させてもらいましたが、

2014年12月時点では、AMAZONが米連邦航空局(FAA)に申請したドローンの使用方法について、許可されなかったというニュースが流れて以降、

やはり法整備が追いついていない現段階ではサービスモデルとしては時期早々なのかな?という印象を受けました。

そんな中、先日、中国最大のインターネットショッピングモールである、アリババグループの淘宝網(タオバオ)が、中国国内にて物流事業を展開している上海YTOエクスプレスと共同で、マルチコプターによる配送テストを2月4日〜6日までの3日間限定で実施したようです。

今回行なったテスト(キャンペーン?)は北京、上海、広州の450人のユーザーを対象におこなったもので、動画の説明欄では一回限りの試験と発表しています。

動画広告の一環のようですが、それなりに手の込んだ作りになっているようです。


未来の救助ヘリコプター?

未来の救助ヘリ?


未来の救助ヘリコプター?

ドローンが救助ヘリになる?
そんな事を予感させるプロダクトデザインがコチラ。

argodesign(設計事務所)の創設者マーク·ロルストン氏は、『数百万ドルの範囲で構成することができると考えており、大幅な開発費削減に繋がる』と話しています。小型車の設置面積で、ほとんどどこにでも着陸できるとの事。


droneshow

第1回 国際ドローン展開催


第1回国際ドローン展
少し先のお話しとなりますが、『第一回国際ドローン展』が2015年5月20日~22日の期間、幕張メッセで開催されますね!

ドローンに焦点を当て、関連する構成技術から実用事例までを一堂に集めた、ドローンの技術革新と用途開発を促進する日本で唯一の専門展示会となります!


【出展対象】
ドローン、ドローンを構成する部品・技術・ソフトウェアなど、ドローンを活用したサービス

【来場対象】
ドローンを活用したい事業者、ドローンの開発・設計者、ドローンを活用したサービスのエンドユーザ


一般の方でも、間近に最新の技術を見て、説明が聞けるという事なので、ドローンに関する事業をしてる方はもちろん、今後ドローンを活用したいけれど悩んでいるという方も是非この展示会に足を運んでみるのもありかと思います。

今回、最高で510社程のドローンの関連会社が出展するみたいなので、実際に技術を体感して専門家の話を聞いたり質問したりするには、とても素晴らしい場ですね!
ちなみに、期間中は飛行デモンストレーションやドローンセミナーも行われるようです!

入場登録料は¥3,000となっていますが、事前登録証持参者、招待状持参者および学生は無料との事です。

この『第一回国際ドローン展』は、5月20日~22日までの3日間で、ちょっと先となりますが、実際に参加したレポートも空撮人にてご紹介したいと思います!

【幕張メッセ周辺の地図】


LEGOブロックのマルチコプター

LEGOブロックで空撮?


LEGOブロックのマルチコプター
これまで、鳥型ドローン戦車型マルチコプター高速マルチコプターなど、ちょっと変わったユニークなマルチコプターをご紹介してきましたが、アメリカの人気クラウドファンディングサービス、kickstarterで面白いものを発見したのでご紹介したいと思います。

LEGOブロックといえば、世界のほとんどの人が一度は耳にした事があるであろう、子供から大人まで楽しめるおもちゃとして有名ですが、とうとう、そのLEGOブロックで空撮ができる時代となってしまったようです。

今回この『Flying LEGO』を製作したのは、主にソフトウェア開発をしているエド·スコット氏。

自分のドローンを開発したいという思いから、3Dプリンタ等を使用しプロトタイプを作るなど、あらゆる技術を駆使し、彼の子供たちと共に完成までこぎつけたようです。

機体のほとんどがレゴブロックなので、かなり軽量化されていますが、動画でもご覧いただけるようにGoProを搭載してもフライトにはまったく問題ないでようすね。

この『Flying LEGO』のプロジェクト(開発資金調達)ですが、現在は無事に目標金額を達成し、終了しているようです。

まだまだたくさんの課題があるとの事ですが、近い将来、それぞれのオリジナルLEGOドローンが飛び回る光景が見れるかもしれません。


komatsu

コマツ『ドローン導入』


コマツ(株式会社小松製作所)が新しいソリューション、『スマートコンストラクション』でドローンを導入

以前、ALSOKのドローン導入について書かせていただきましたが、日本でも除々にドローンを導入する法人が増えています。

油圧機器、建設重機、エレクトロニクスの製造や販売でお馴染みの『コマツ(株式会社 小松製作所)』がソリューションの一環としてドローン(マルチコプター)の導入を発表しました。

今回発表された、この「スマートコンストラクション」は、建設現場にあるあらゆる情報をICTで繋ぎ、測量から完工後まで建設現場の全工程で情報通信技術を活用し、生産性向上や課題解決を支援するソリューションで、マルチコプター、ブルドーザー、掘削機を使用し、建設現場の初期の基礎工事の大半を自動化する計画だとの事。

スマートコンストラクションのサービス内容とそれを支える6つの技術として、

①現況の高精度測量
②施工完成図面の3次元化
③変動要因の調査・解析
④施工計画の作成
⑤高度に知能化された施工
⑥完工後の施工データ活用

上記に加え、新たにスマートコンストラクションサポートセンタを設立したと発表しています。

『コマツ(株式会社 小松製作所)特設サイト』

この『スマートコントラクション』で、これまでよりも安易に地形データを作成できるという事、労働力高齢化による、建設労働者不足を軽減する一助になるとみているようですね。

ここで気なるのが使用するドローンですが、アメリカのスカイキャッチ社の測量用ドローンを導入すると発表しており、コマツは向こう数年で少なくとも200機のドローンをリースする計画だそう。
 
日本では、2020年に東京五輪(オリンピック)が開催されますので建設計画の増加と共に、こういった建設現場の自動化がより一層求められてくるのではないでしょうか。

この「スマートコンストラクション」は来月、2月1日からレンタル形式で開始されるようです。


気球とゴープロを使った空撮がすごい

GoProと気球で空撮


気球とゴープロを使った空撮がすごい

前回、GoProの株価が急降下?という記事を書きましたが、それでもやはりGoProは凄いですね。

Global Space Balloon Challenge (GSBC)という団体が、高度3万メートルからの空撮に成功し、その動画をYOUTUBEで紹介していました。

まるで宇宙から撮ったかのようにも思えるこの空撮ですが、無人の気球にウェアラブルカメラGoProをつけて飛ばし、撮影したという事。

『Global Space Balloon Challenge 2015』

その驚くべき一部始終は動画をご覧いただくとお分かりかと思いますが、気球にGoProをつけて飛ばし、気球は高度30万メートルに達し爆発、回転と落下をしながらパラシュートが開くとゆっくり落下し、発射地点から数百マイル離れた民家の裏庭で回収されるという一連の映像が記録されています。

何故発見できたのかというと、撮影者達はカメラにGPS発信機と赤く点滅するランプを取り付けて飛ばしていたんですね。

空撮といえば、ドローンや飛行機やヘリコプター、またはスカイダイビングなどで撮影することを思い浮かべてしまいがちですが、無人の気球を使えばこんなに高いところからの撮影が可能になるんです。

余談ですが、偶然にも、ゼロ・グラヴィティを見た数日後にこの動画を見つけたのですが、この『Global Space Balloon Challenge 2015』にもゼロ・グラヴィティと同じような神秘的な光景を見る事ができてびっくりしました。すごい。


Hubsan_X4_Pro

パラシュート搭載ドローン


マルチコプターを飛ばす上で特に恐いのが墜落ではないでしょうか。

人、建物への接触が恐いのはもちろんですが、高額な機体、アクションカメラが壊れるのも操縦者にとってはかなりのダメージです。

墜落といば、現在全世界でこちらの『My first day with my drone』という動画が話題となっていますが、

実際、このような動画の状況に陥ったとしたら誰しもが大事なドローンを守る為に同じような行動をとるのではないでしょうか。

そして、恐らくこの操縦者と同じように『ドローンにパラシュートでもついていればいいのに』と、思っている方も多いかと思います。

そんな中、今日、ご紹介するのは2015年最注目マルチコプターと言われている、パラシュートを搭載したドローン、『Hubsan X4 Pro』です。

動画を見てみると、この『Hubsan X4 Pro』の凄さがわかります。。。まるでブーメランかのような扱いです。。。

1年前にはすでにプロトタイプが完成していたとの事ですが、開発チームにとって満足いくものではなかったようで、更に1年の歳月をかけて昨年のクリスマスにようやく公開されました。そして、先日までアメリカで開催されていた『CES2015』にも登場した事で、より一層話題となっているようです。

『CES 2015での様子』

個人的な感想になってしまいますが、スペックはもちろん、デザイン面においても、現在発売されているドローンと比較してみると、先鋭的なフォルム、カラーリングは、素直に『欲しい』と思わせてくれるドローンだなと感じました。(国産だったら良かったな・・・)

こちらの『Hubsan X4 Pro』ですが、発売日は3月頃で、まずはアメリカでの先行販売を予定しているとの事。価格については今のところ未定となっているようです。