日本アビオニクス

『国産』空撮用赤外線カメラ


日本アビオニクス

サーモカメラの国内シェアNO.1メーカー、日本アビオニクスがドローンに搭載可能な超高機能赤外線サーモグラフィーカメラのテスト販売を開始すると発表しました。

赤外線サーモグラフィカメラとは、温度測定が可能な映像装置を指し、物体に触れず、離れたところから測定することができるカメラで、危険で近づけないものでも簡単に温度計測ができるカメラです。

この赤外線サーモグラフィーカメラは、温度分布が分かる熱画像を取得する事が可能なので、橋梁、建物外壁の劣化診断、太陽光パネルの温度把握、火山活動の監視等、人の立ち入りが難しい場所での点検で、特に力を発揮するようです。

今回発表された赤外線サーモグラフィーカメラは、マルチコプターに搭載する事を前提に開発されたカメラなので、重さも従来の赤外線サーモグラフィカメラよりも圧倒的に軽い、400g~となっています。

日本の技術が集約された国産の空撮用赤外線サーモグラフィーカメラにご興味をお持ちの方は、是非下記URLも御覧ください。

日本アビオニクスの赤外線サーモグラフィカメラ一覧