アップル新社屋

アップル新社屋を空撮


こんにちは。空撮人(そらとりびと)の管理人です。

今日は現在建設中のアップル新社屋について書きたいとおもいます。

先日アイフォン6が発売され、日本でも大人気のアップルですが、そのアップルの新社屋の空撮映像が話題となっています。

この新社屋の設計を担当しているノーマン・フォスター氏の話しによると、この綺麗な円形の建物は、広さが約300万平方フィート(東京ドーム約6個分)にも及び、約1万2,000人の従業員が働く予定だそうです。

また、Appleの現CEOであるティム・クック氏はこの建物について『史上最も環境に優しい建物。地球上で最もグリーンなものになるでしょう。イノヴェーションの中心となり、私を含めたスタッフ全員が最も望む形となる。』と話しています。

アップルは過去に、iPhone製造工程において危険な薬品2種類の使用により、製造スタッフ1名を亡くしてしまうという大きな傷を抱えてしまいました。

そういった経緯を経て作られている新社屋は、アップルの環境問題に真摯に取り組む、企業の姿勢がみられる建物ですね。